本文へスキップ

スター薬局は、あなたの街の「かかりつけ薬局」です。

TEL. 087-868-1981

〒760-0080 香川県高松市木太町551-10

日経DI 五苓散坐剤の作り方 (引用:日経DI H30.3.9掲載)




嘔吐に対する薬物治療として、ドンペリドン(商品名ナウゼリン他)などの制吐薬が処方されることが多くあります。しかし、これらの薬剤は、錐体外路症状などの副作用を起こすことがあり、特に小児では注意が必要です。

 そこで小児科領域では、水分代謝の改善を期待して、漢方薬の五苓散が処方されることがあります。ただし、嘔吐の症状がひどく、内服が困難なことが少なくありません。漢方薬の独特の匂いや味が苦手な小児は多いため、服薬させるのに苦労するのが実情です。そこで、医師から五苓散の坐薬を薬局で調製してほしいと依頼されることがあります。私たちが、0〜11歳(平均3.9±2.8歳)の小児63人を対象に行った調査では、嘔吐に対する五苓散坐薬の有効性は、「有効」と「やや有効」を合わせると98.4%で、五苓散の坐薬は小児の嘔吐に対して有用であると考えられました。



バナースペース

株式会社 スター薬局

〒760-0080
香川県高松市木太町551-10

TEL 087-868-1981
FAX 087-868-1982